回転翼式LiDAR

Cyientは、20年以上LiDAR測量を続けてまいりました。当社の強力な回転翼式LiDARシステムは、回転とリニアの2つのスキャンパターンがあるデュアルスキャン技術を採用しており、極めて詳細な結果を提供します。

システムは極めて詳細なLiDARを撮影できるだけでなく、1回の飛行で高解像度のオブリーク写真、垂直画像を同時に撮影できます。

データ処理には、TEPP 7 LiDARシステムを使用し、極めて詳細でサブセンチメートルの精度の全波形結果を提供します。高解像度画像を生成できるこのシステムは、高解像度のカメラと組み合わせることで、完全なソリューションを提供します。

回転翼式LiDARは、非常に高解像度のデータが求められる、回廊地帯または小規模なエリアのマッピングに理想的です。ヘリコプターで低速飛行で撮影できるようになります。この有益なソリューションは、高速道路、鉄道、公共機関にメリットがあります。

まずはCyientにお問い合わせください。お客様のご要望をお聞きし、当社の回転翼式LiDARのサービスについて説明させていただきます。

LiDARシステム

LiDARスキャナー
高速レーザーのパルス繰り返し数は最大200 kHz
地上で最大167,000測定/秒
高速スキャン200ライン/秒
スキャナーの最大60°の広視野

カメラ
IRとRGB機能
ステレオ画像
FMC (Forward Motion Control)ブレ制御装置

位置決め(GPS/IMU)
Applanix POS AV 510とGLONASS機能搭載
その他のセンサー
ビデオ/オブリーク/ハイパースペクトル

利点

高速撮影
このシステムは、レーザーの高周波数を使用することで高解像度と速度が組み合わせされています。

高い精度
高点群密度を達成し、提供される詳細レベルは、厳しい業界要件を満たします。

コスト効率
すべての資産をリモートから安全に撮影できるので、コストを削減できるだけでなく、地上での業務も軽減されます。

同時撮影
超高解像度のLiDARデータだけでなく、データを保管する画像も撮影します。

システムの仕様

標準撮影速度 40~70ノット
レーザーパルス記録 最大266 kHz
搭載されているカメラシステム 最大60メガピクセル/RGBチャネルとNIRチャネル
飛行高度(対地高度) 150m~750m(固定翼機で飛行可能な高度)
垂直精度(RMSE) 2cm(保留中の地上測量)
水平精度(RMSE) 5cm(保留中の地上測量)
画像解像度(GSD) 低空飛行で最大2cmを実現
 

注:この表は、工場出荷時の性能パラメーターを参照しています。ただし、システムはモジュラー式ですので、実際の性能は、お客様やプロジェクトの要件によって異なる場合があります。

events