オブリーク写真

Cyientでは、2005年以降オブリーク画像を欧州全域の1,000を超える現場で撮影、処理し、数え切れないほどのデータを収集してきた実績があります。当社のオブリークカメラシステムを使用することで、GSD精度4cm~25cmで広域から小域を撮影できます。

オブリーク写真は、地表を明確かつ詳細に撮影できるメリットがある一方で、従来の垂直画像と区別が難しい場合もあります。4方向から対象物を確認できるので、より詳しい情報を提供して、その地域を把握できます。

固定翼機にインストールした場合、システムは広域を効率的に高速撮影することができますし、高度を下げて解像度を上げて撮影することもできます。

まずはCyientにお問い合わせください。お客様のご要望をお聞きし、当社のオブリーク写真サービスについて説明させていただきます。

利点

高速撮影
従来の空中写真と同様に、固定翼式ソリューションを使用して広域を高速で飛行できます。

高解像度
4cm~20cmまでのGSD精度の解像度で撮影します。お客様からのすべての要件に対応できます。

高速移動
固定翼機を利用することで、効率的かつ迅速に現場に移動して、プロジェクトの撮影を開始できます。

その他の製品
オブリーク写真は、DTM、マッピングだけでなく、3Dモデルなどの付加価値製品に、優れた情報源を提供します。

用途

地方自治体
任意の場所を複数の視点で撮影することで、豊富なデータセットを提供して、資産評価の計画と記録用のレポートを生成します。

緊急サービス
表示、測定、画像に直接注釈記入が可能なので、緊急対応チーム、イベント計画、セキュリティに理想的なツールを提供します。

資産管理
詳細な画像は、資産に関する豊富な情報を提供し、販売する際の全体的な可能性が高まります。

公共設備&インフラ
オブリーク画像は、資産管理者に、想定可能なリスクに関して、保管できる見える記録と情報を提供します。

スキル・能力

当社の現在のオブリークシステムでは、Canon EOS 1DS Mark IIIカメラを5台使用し、21MPの画像を生成します。RAW画像形式のCR2画像は、シャッター間隔2.5秒、JPEG画像は、シャッター間隔1秒で撮影できます。JPEG撮影する利点は、ファイルサイズが小さいため、ディスクへの書き込み時間が短いので、パイロットは高速で飛行できます。ただし、RAW画像を撮影するときは、低照度で飛行する場合に使用することをお勧めします。

飛行中、画像とIMUデータは1TB SATAドライブに、バックアップは第2ディスクにそれぞれ保存されます。乗組員は、そのデータが処理する場所に送信されてアーカイブされるまで保持します。画像品質は、飛行中にシステム操作者が確認できます。システム操作者は、画像のサムネイルを画面に表示して確認し、特定の飛行経路を再飛行する必要があるかどうかを決定します。

システムは、ダート(自動調整)とピッチ(任意)の補正を行います。オブリークカメラの角度は、システムオーダーで指定されていますが、30~60度の範囲で設定できます。Cyientのシステムはすべて、画像がより自然に見えるように、前年に撮影した画像と一貫性が保てるように45度に設定されています。

カメラの仕様

カメラ Canon EOS 1D Mk IIIカメラ x5
レンズ 垂直50mm、対角85mm
画像サイズ 5616 x 3744 ピクセル(21mp)
オブリークカメラ角度 45度の固定核ですが、30~60度の間で設定可能
機内ストレージ 1 TBドライブ x 2
標高 最大4000m(13000フィート)
IMU Applanix POSAV 310内蔵
events