モバイルレーザースキャニング

当社のモバイルレーザースキャニングサービスでは、平方メートルあたり500を超えるポイントの点群密度とセンチメートル単位の測量等級精度を用い、走行速度で撮影した高解像度の車両ベースのLiDAR測量を提供します。

同じ測量から、同期されたLiDARの点群と画像を取得して、トゥルーカラー点群、路面のオルソ画像、360度パノラマ画像を含むLiDARの拡張製品を生成して、広範な用途に対応できます。

モバイルマッピング測量、LiDAR、画像処理のほかに、CyientではモバイルLiDAR点群から得られる道路資産インテリジェンス製品を提供するサービスを提供します。穴、路面標示の摩耗などによる割れ目などの路面の欠陥を、半自動処理により素早く検出できます。

路面と路面標示の状態について、広範囲を高精度で報告できますので、計画を簡素化して、対象高速道路の保守作業の意思決定を迅速に行えます。

まずはCyientにお問い合わせください。お客様のご要望をお聞きし、当社のモバイルレーザースキャニングサービスについて説明させていただきます。

利点

高速撮影
このシステムは、道路の交通速度で広範囲の画像を高速撮影します。

地表の詳細
空中撮影データとは異なり、地表のすべての資産を確認します。

高い精度
撮影データは、+/- 5mmの精度で、素晴らしい結果を提供します。

安全性
道路画像を撮影することで道路を閉鎖することによる費用やリスクが軽減されます。

スキル・能力

Cyientのモバイルレーザースキャニングシステムは、1秒あたり最大120万の測定レートで撮影して、実世界の極めて詳細な情報を確実に収集できます。このスキャナーを使用すると、既存の測量技術を補完する精度で、移動するプラットフォームから点群情報を取得できるようになります。これにより、高速道路や鉄道など危険を伴う環境に現場担当者がさらされるリスクが最小限に抑えられるというメリットも付加価値として生じます。

一般的にモバイルマッピングシステムは、回廊地帯マッピングに理想的なので、対象市場は、交通網と鉄道網に絞っています。地球測量用スキャナーの場合のように、センサーの範囲は対象または表面の反射性と方向によって異なりますが、一般的にセンサーが適しているのは最大250mです。

システムの仕様

LiDARセンサー数 2
カメラのサポート 5 Mpカメラ x 4
追加カメラ/センサーのタイムスタンプ あり
最大精度 250 m/10%反射率
範囲精度 5 mm, 1σ
絶対精度 ±5 cm, 1σ
レーザー測定レート 150-1200 kHzプログラム可能
測定値/レーザーパルス 同時可能は最大4まで
走査周波数 最大500ライン/秒プログラム可能
スキャナーの視野 360°(不明瞭なし)
電源要件 12 VDC、40 A最大電流
動作時温度 -10°C~+40°C(可能な拡張範囲)
保管温度 -40°C~+60°C
相対湿度 0~95%/結露がないこと
レーザーの分類 IEC/CDRH Class 1/目の安全
車両 任意の車両に適応可能
events