マッピング

マッピングの概念が今日の地理空間情報業界における当社の業務の大きな部分を形成していることから、マッピングはCyientの業務の中心的存在と言えます。当社は、最新の空中センサーと関連ソフトウェアを使用してGISのあらゆる側面の地理情報を受け取り、提供することで、包括的で高速のワークフロー生産システムを開発してきました。

世界中のマッピングプロジェクトに参加し、地形図作成、地籍図、主題地図を提供してきた実績があります。当社の制作チームは、お客様の仕様に従いプロジェクトを管理し、納品するのに必要な豊富な専門知識と処理能力を備えています。

まずはCyientにお問い合わせください。お客様のご要望をお聞きし、当社のマッピングサービスについて説明させていただきます。

利点

身近である
マッピングは、誰もが知っていて、理解している、それが今日も世界中で使用されている理由です。

価値がある
資産マップの作成は、将来を見据え記録、保守、目録を作成するのに不可欠な方法です。

正確さ
センサーと航空機の位置決めの開発により、マップの精度はこれまでにないほど高まりました。

スキル・能力

経験豊富なマップ編集者から構成されるCyientのチームは、世界中で展開されているマッピングプロジェクトに従事しています。業務には、初期計画、データ処理、位置精度の開発から完成まで含まれます。

Cyientでは、最新の業界標準に準じてすべてのマッピングプロジェクトを実施し、仕様に合致したソリューションを作成し、提供します。当社のすべてのプロジェクトは、BSiによりISO:9001認証を受けた品質管理システムに従い実施されます。

用途

エンジニアリング
航空写真またはLiDARデータから作成された極めて正確な2Dまたは3Dベクトルのマップにより、実世界のデータに基づいた情報を得た上での意思決定ができるようになります。

資産管理
マッピングは、多くの業界にとって、自社の資産目録を動的な環境で簡単に作成、保守するのに重要な記録です。

PAI(位置決め精度向上)
多くのお客様が、不正確な、もう使用できる可能性がない既存マップデータを所有しています。Cyientでは、こうしたデータを引き受け、最新のデータに変えて、全体的な精度を向上させることができます。

土地管理
空中データからのマッピングを通して地籍システムと土地利用システムを迅速かつ正確に構築できます。

events