航空写真

航空写真は、マッピングやモデリングのプロジェクトを実現するのに、コスト効率に優れた正確で信頼性の高い方法を提供します。Cyientは、国内外の多くのお客様との間で長期契約を結び、さまざまな解像度と仕様の航空写真を提供させていただいてきました。このような仕事に参加させていただけたことを大変誇りに思っています。

Cyientの経験豊富な専門チームのスタッフは全員、写真測量法、LiDAR、土地測量の技術を専門としています。お客様のご依頼があれば、最新の測量技術と航空機を携えて素早く現地に赴きます。

まずはCyientにお問い合わせください。お客様のご要望をお聞きし、当社の航空写真サービスについて説明させていただきます。

利点

高速撮影
Cyientの高解像度、大型画像フットプリント用カメラシステムを使用して、対象エリアを高速撮影します。

高解像度
解像度は、ピクセルあたり最高3cmで、最低でも25cmを実現します。

高速移動
固定翼機を利用することで、効率的に現場に移動します。コスト効率にも優れています。

その他
航空写真は、DTM、マッピング、3Dモデルなどの付加価値製品に素晴らしい情報源を提供します。

用途

輸送&インフラ
中規模エリアから大規模エリアの測量の際、輸送網を中断させる必要がなく、迅速かつ正確に測量を実施できます。

資産評価
正射写真は、建物や資産の正確な記録を提供するので、資産評価の極めて詳細なベースマップとなります。

ベースマップ
航空写真は、付加価値製品として正確なマップを作成でき、どこからでも利用できる記録を提供します。

環境
マルチバンドのセンサーは、緑被を検出し、戦略的環境の意思決定と方針策定を支援します。

スキル・能力

Cyientは、広範な航空パラメーターに適した2台の大判カメラを所有しており、固定翼機を使用して広大な地域を素早く測量するのに理想的です。当社の航空戦略チームは、英国の中心地を拠点とし、次の撮影プロジェクトの現場に移動するのに理想的なロケーションにあります。

このカメラシステムは、最高3cmのGSD精度を実現でき、従来のRGB(赤、緑、青)画像、および4バンドRGBI(赤、緑、青、近赤外)画像のいずれかを撮影してフォルスカラー赤外線写真の分析に使用できます。

各システムは、Applanix社製慣性測定装置を使用してドリフトとピッチの補正がされますので、非常に正確で詳細な全地球測位が実施されて完全な結果が提供されます。

カメラの仕様

画像サイズ 17,300 x 11,310 px (195mp)
機内ストレージ 4,2 TB(6,600フレーム)複数のデータ保存媒体を使用することで無制限
飛行高度(対地高度) 500m    666m    1000m    2500m    3333m    4166m
垂直精度(RMSE) 6cm    7.5cm    12cm    30cm    40cm    75cm
水平精度(RMSE) 6cm    7.5cm    12cm    30cm    40cm    75cm
画像解像度(GSD) 2.5cm    2.5cm    4cm    8cm    12.5cm    25cm
マッピング基準 1:200    1:200    1:500    1:750    1:1000    1:2500
同等のフィルム 1:1500    1:2000    1:3000    1:4000    1:5000    1:10000
events