フィールドエンジニアリング

Cyientは、GISデータ管理の専門知識、広範囲におよぶ公共事業インフラ、アセット領域の知識を活用し、フィールドエンジニアリングサービスを提供します。弊社は、ITおよびデータ分析ツールについての様々な部門の専門知識や、様々な地域の現場の事業者との強力なパートナーシップを活用し、公共事業における規制政策の順守をサポートします。弊社のサービスには、資産管理、既存資産のエンジニアリング分析、提言などが含まれます。弊社は、予測的な洞察により、予防保守機能の構築をサポートします。弊社は、オーバーロードしたアセットの特定、運用の統計情報分析による保守パラメータの決定、構造完全性の分析、ヒートマップの変換など、複数の領域でソリューションやサービスを提供します。

弊社の強み

  • 統合された分析ベースの空間ソリューションであるFiOPが、MDMSやその他のユーティリティITやOTシステムに関する弊社の知識を活用
  • メートルデータ情報を活用し、グリッドを変換して公共事業の運用効率を強化する状況認識の要素を組み入れ
  • 電気公共事業インフラの知識と実績ある手法により、現場からユーティリティITシステムへのデータ送信と同データの分析をサポート
    • PADIF:ポール評価データ情報フレームワーク
    • PATS:ポール評価追跡システム
    • フィールドパッドシステム
  • 現場事業者との実績あるパートナーシップ(NAMのUDCおよびOSMOSEなど)により、スケールと容量の拡大を実現
  • 最新のデータバリデーションツールとデータ受入試験により、クライアントによる収集データのバリデーションをサポート

概要

  • 米国の大手企業にサービスを提供:PG&E、SCE、AEP、Duke Power
  • NAMベースの現場スタッフ300名以上が現場サービスをサポート
events