フィールドエンジニアリング

弊社のフィールドエンジニアリングサービスは、経路およびマンホール調査を組み合わせ、ファイバーに実際の接続性を検証します。弊社は、GPS、計測テープ、ロードメーターなどを使用してフレーム内でファイバーの相互接続性を物理的に追跡し、論理インベントリ内で検証します。また、必要に応じてケーブルのスプライシングを実行し、ドライブ試験と最適化を実行してセルサイトのカバレッジ基準を確認します。弊社のサービスは、リアルタイムシナリオで正確なフィールド要素を導入し、現場活動の単純化とコスト削減を実現します。弊社のフィールドエンジニアリングサービスには次の内容が含まれます。

  • セルサイト調査およびPoP調査
  • 電磁フィールド(EMF)調査
  • スプライシングおよび試験
  • ネットワークの検証および認証
  • GISタギング
  • トラブルシューティングおよび修復
  • 機器設置のドライブ試験

弊社の強み

  • OSPおよびISP調査、銅線接合や銅線パンチング、ファイバーのスプライシングおよび試験、アッドドロップマルチプレクサーの設置および試運転、BTS機器、FMSラックなどの領域での豊富な経験を持つ多数のフィールドエンジニアが所属
  • IP/Ethernetや光ファイバー(SDH、xWDM、FTTx、xPON)などの様々なネットワーク技術についての専門知識
  • Ericsson、Alcatel Lucent、Huawei、ZTE、Corning Cable Systems、Tyco Electronicsなどのマルチベンダー機器およびケーブルの知識

概要

  • リソースの活用を最適化して運用コストと管理コストを最大30%削減
  • オンサイトリソースとプランナー/スケジューラーの間の通信を強化し、作業の実行を改善
  • スプライシング、追跡、試験とOTDR機器およびツールの効果的な操作
  • 写真とリアルタイム情報を提供し、遠隔地で実行されている作業の進捗状況の可視性を向上
  • インドの7都市におよぶ15,000以上のマンホールと10,000 kmの経路の調査を開始
events