リバースエンジニアリング

Cyientのリバースエンジニアリングプロセスは、寸法、機能、材料特性、性能パラメータなどの製品設計情報を総合的に収集します。弊社は、現場作業の機会技術と最新のコンピュータ支援ツールを組み合わせてこのプロセスを実行します。また、収集した情報に基づいて、は製品の設計目的を特定し、製造図を作成するためのサポートをクライアントに提供します。弊社のプロセスは以下から構成されています。

  • 機能分析:詳細な調査により、機器の技術的特徴と機能的要素を確認
  • デジタル化:最新の3Dスキャンを使用したシステマチックなプロセスで、コンポーネントの複雑な形状を計測
  • 資材分析:機器の材料や冶金特性を調査
  • 性能試験:機能的性能パラメータを検査
  • CADモデル作成:パラメトリックな3D CADモデルの作成、部品表、適合性検査によって確実に製造可能なモデルや図面を作成
  • 製造図面:DFMおよびDFAを考慮した図面を作成

弊社の強み

  • 様々な業界におよぶ広範な経験により、幅広い製品のデジタル化に対応
  • 10ミクロンの精度が求められる複雑な形状や輪郭を有する製品のサーフェス開発の経験
  • 製品設計の目的を理解し、適切な材料を規定するための専門知識

概要

  • 様々な業界で25のリバースエンジニアリングプロジェクトを実現
  • 50を超える世界的な冶金試験センター、計量研究所、スキャニングセンターの強力なエコシステムによる最新の材料および計量分析
  • 現代的な物理試験/検査機器と、分解されたコンポーネントを保管するための適切なスペースを備えた最新の電子機械研究所
events