信頼性エンジニアリング

信頼性エンジニアリングは、製品設計の構想段階から始まり、製品のライフサイクル全体で継続されるプロセスです。このプロセスの目的は、信頼性に関する潜在的な問題を製品のライフサイクルの可能な限り早い段階で特定することにあります。Cyientは、航空宇宙、鉄道、重機の各分野で、次のタイプの信頼性解析を提供します。

  • 定量分析は設計段階およびプロセス段階の両方で必要です。コンポーネントやアセンブリの設計段階では設計不具合モードおよびその影響分析 (DFMEA)と不具合モードおよびその影響と致命度分析(FMECA)を使用し、製造および組立(プロセス)段階ではプロセス不具合モードおよびその影 響分析(PFMEA)を使用して信頼性を評価します。
  • 定量分析では、運用データ収集とデータ分析を継続し、信頼性に関する様々な要因を 特定します。これにより、設計や製造プロセスを変更し、予測性や予防保守技術を向上させることができます。サービスの例には、フリートイベント管理、資産 管理、来客予測が含まれます。これらのサービスにより、様々な確率論的ツールを使用して低品質のコンポーネントに起因するコスト、平均故障間隔、根本原 因、平均修復時間を評価できるようになります。

弊社の強み

  • 様々な業界のクライアントに定性分析および定量分析のサポートを提供
  • イベント管理のバリューストリーム全体に対応し、大幅なコスト削減を実現

概要

  • 様々な業界の信頼性の研究をサポートする100以上のリソース
  • 120万時間におよび信頼性ベースの分析
  • 50,000以上の現場イベント解析で根本原因を特定、2,000以上の部品のMTBF分析
  • 毎月170名の航空オペレータ向けにイベント管理を実行
  • 信頼性解析の規格:MILHDBK-217 FN24、MIL-STD-1629A、FMD 2013、NPRD
  • 2011、RIAC 217 PLUS
  • 信頼性解析にWeibull ++7、Relex、Minitab、Matlab Simulink、ITEM、MS Officeを使用
events