ロンドン市民のラッシュアワー対策 - CyientとThales Signalingの協働

ロンドン市民のラッシュアワー対策 - CyientとThales Signalingの協働

過去10年間ロンドン地下鉄の年間利用者数は、毎年10億人を超えて増え続け、かつてないほど大きな成長が見られます。利用者数の増加に伴い、ロンドン地下鉄はジュビリー線とノーザン線のアップグレードプログラム(JNUP)を計画しました。この計画にはTBTC(Transmission- Based Train Control)の設計、調達、設置が含まれていました。Thales社はCyientとパートナー契約を結び、TBTCシステムを実装しました。

JNUPの試験と導入は、夜間、週末、祝日などピーク時以外に実施し、アップグレードは列車運行への影響を最小限に抑えました。

導入された新しいシステムにより、列車制御が自動化され、列車間の待機時間が短縮され、生産性が向上します。鉄道信号における当社の広範な経験からのベストプラクティスと成熟したプロセスを提供することで、エンジニアはThales社が、厳しいスケジュールで低コストの高速納品サイクル、安全重視の設計を実現できるようにしました。

詳しくは、このケーススタディをダウンロードしてご覧ください。当社の信号サービスが、ロンドン地下鉄の利用者数を1時間あたり12,500人にまで増加させ、所要時間を18%まで短縮し、そのうえキャパシティを200%まで増加させ、ラッシュアワー時の1時間あたり30本の列車運行を実現させるのにどのように貢献したのかを知ることができます。

Download the ケーススタディ
I agree that I will not use this content for media/journalism purposes without prior written consent from Cyient and its clients.

Receive communication from Cyient