航空機構造

生体模倣、ウィングレット、層流、長い翼長 – これらすべてを組み合わせることで、これまでにないレベルで燃料消費の削減、操業費の削減、フライト時間の延長、MTOWの増加を実現します。複合技術によって航空機設計は変化しており、既存のエンジニアリング能力、プロセス、メソッド、ソフトウェアツールに挑む積層造形などの未来の技術が生まれています。

弊社の航空構造チームは、業界をリードする航空機OEMのサプライヤや一次サプライヤとの連携により、翼および機体について、初期設計から資格取得に至る革新的なサブアセンブリ設計ソリューションを提供します。弊社は、お客様固有の設計プロセスを、金属構造物および複合構造物に関する弊社の広範な知識や設計自動化の専門知識と組み合わせ、次世代の航空機構造を設計します。弊社は、概念設計段階から軽量構造を実現し、初期設計(PDR)から前倒しの図面公開に至るプログラムを管理し、応力解析を実行し、認証のためのレポート提出を行っています。

設計の公開時には、製造上の不適合、応力証明、および調印の承認後の設計オフィスの処理を管理します。お客様のためにサービス収益性を高めるため、弊社は構造修理エンジニアリング、技術文書作成、信頼性エンジニアリング、追加導入エンジニアリング(客室から貨物室への変更を含む)などのアフターマーケットのバリューストリームを管理します。

航空機構造サービス

Resources
events