航空機エンジン

エンジン排気、騒音、燃料効率は、2020年までに50%改善する必要があります。これは、過去30年間で達成された数字の倍に相当します。Cyientは、これらの要件を満たすため、航空機ガスタービンエンジンの革新的な技術ソリューションを開発している世界中のエンジンOEMをサポートします。このため、弊社のチームは、最大のギア付きターボファンエンジンを実現するための重要なエンジニアリングを実行しています。

弊社は航空機エンジン分野でお客様と共同して18以上の特許を出願し、OEM用IPを作成できる最も革新的なソリューションプロバイダーの1つとして認知されています。内部流れ、潤滑、温度管理システム、ローター動力学のシステムレベルの設計ソリューションのために、概念から認証エンジニアリングまでを提供します。同時に弊社のチームは、作動システム、コンプレッサーケース、ブレードディスク、ローター、翼について完全な所有権を持つ設計を提供しています。弊社はバリューエンジニアリングに対する総合的な設計最適化アプローチを通してソリューションを実現し、試作段階で重量とコストの目標を達成します。Cyientは、エンジンの設計・開発サイクル期間を短縮し、分析の予測性を改善するためのプロセス、ツール、および技術を開発しています。

稼働中のエンジンについては、最新技術を実装し、現場故障の根本原因を排除することでエンジンの信頼性を強化します。お客様のためにサービスの収益を高めるため、弊社はエンジンパフォーマンスのモニタリング、修理エンジニアリング、技術文書、信頼性エンジニアリングなどのアフターマーケットのバリューストリームを管理します。

エンジン分野の知識と厳密なプロセスに基づいて、弊社はお客様と良好なパートナー関係を維持し、環境への配慮、安全性、運営コストの削減などの規制や航空要件を満たす未来のための最新の技術製品とソリューションを開発します。

Resources
events