Cyient Blog

Corporate

アウトソーシングの最先端を進むインド

ご自身の会社のパフォーマンス/予算の目標を達成するために、一部の事業のアウトソーシングを検討されたことはありますか?まずは何から始めたらよいか、あるいは、アウトソーシングを進める正しい方法を理解するのに悩まれたご経験はありますか?そのような方々にとって、インドの企業が提供する堅固かつコストの最適化実現するアウトソーシングサービスが、探し求めていたソリューションになるはずです。 コストの最適化を実現できるだけでなく、スキルが高く経験も豊富なスタッフに仕事を依頼できる点が、インドのアウトソーシング企業を利用する大きな利点です。 また、インドのアウトソーシング産業の特徴として、最新技術を導入している企業が多数ある点が挙げられます。こうした企業の従業員たちは、最先端技術を活用するのに必要なスキルと経験を得るために、研修を定期的に受けています。 さらにインドの企業は、最新の品質管理システムを利用することで、国際的な品質基準を満たしたサービスを提供しています。サービスに何かしらの問題が特定された場合、専門スタッフたちは共同で作業にあたり、サービスの品質を向上させ、国際的な水準を満たすために取り組みます。 NASSCOM(ナスコム)の調査によると、インドのサービスプロバイダーは、他国のベンダーに比べてより高い水準の品質のサービスを提供しています。 一般的にインドのアウトソーシングベンダーは、最終製品の品質に自信を持っています。こうした企業は、経験が豊富な品質保証の専門チームを作り、チームには認定ソフトウェア品質アナリスト(CSQA)または認定ソフトウェアテストエンジニア(CSTE)などを配属しています。チームは、顧客要件や、顧客満足度に関わる期待値などの観点から、高い品質が求められる重要度の高い分野を見極め、集中的に取り組みます。 高い品質を実現するためのこうしたコミットメントには、ISO基準の導入や、社内プロセスを向上するのに必要な技術である「シックス・シグマ」の検討などが含まれます。さらに、インド国内の多くのベンダーは、(オペレーションの品質を測定&改善するための基準である)「Customer Operations Performance Centre (COPC)」の認定を有しています。 これらの要因により、インドは優れたアウトソーシング企業が集まる国として人々の注目を集めてきました。インドの企業の迅速な対応、強力な顧客サポート、バックアップにより、皆さまのビジネスの競争力を高め、市場での存在感を示すことが可能になるでしょう。 グローバル経済における競争の激化や不透明感がある今日では、皆さまのビジネスを成功に導くために、インドの企業へのアウトソーシングを活用するという選択肢を検討することをお勧めします。

September 18th, 2018

Corporate

アウトソーシングにより得られる様々な機会

世界的にグローバリゼーションの風潮が広がっている今日において、日本企業は、革新性のある最先端の技術を、様々なシステムやプロセスにいち早く導入しています。 こうした技術導入を効率的に実現するには適切なアウトソーシングパートナーが不可欠です。その観点から考えると、インドの企業は、国際レベルのソリューションを共同開発することを可能にする、専門性の高い知識とソリューションを持っています。 アウトソーシングによって広がる無限の可能性 通常、質の高いサービスを利用するには非常に高いコストがかかります。しかし、インドのアウトソーシング企業は、より柔軟性のある価格オプションでサービスを提供しています。インドのアウトソーシング企業が提供するサービスを活用することで、日本の企業は、予算の範囲内で自分たちの目標を達成し、より大きな利益を獲得することが可能になります。 インドの企業へアウトソーシングを依頼するメリットは、大幅なコスト削減だけではありません。才能あふれる多くの優秀な人材と共に仕事を進められるという点も魅力と言えます。高いスキルを有したこれらの専門エンジニアのサポートにより、皆さまの事業を拡大し、日本国内のさまざまな産業で競争力と価値を高めることができるのです。 さまざまなビジネス文化と倫理のミックス 過去にインド企業と仕事を行った企業からは、インドと日本には、職業倫理やビジネス文化の側面において様々なギャップも存在するという情報も多くあります。 しかし、この文化的ギャップは肯定的なビジネス関係を築くには避けて通れない部分であり、しっかりと向き合うことが重要です。これを実現するには、それぞれの文化の違いに注意を払い、さらに文化によって異なる基本的な「すべきこと/すべきでないこと」を学ぶ必要があります。こうした文化的な差異には、設計手法や、ビジネスの進め方以外にも一般的な挨拶やお辞儀の仕方、名刺交換の方法などが挙げられます。 日本人には、驚くほどに礼儀正しく、団結心があり、さらに相手の意見に反論を述べることを避けるような人々が数多くいます。その一方、別の文化では、意見を交換するのはより普通であり、さらにビジネス会議中にもより積極的に自分の考えを述べる人々が大勢います。 日本の企業が、アウトソーシング企業とパートナーシップを初めて締結する際に、サービスプロバイダーは信頼性の高いサービスを構築し、より快適性の高いコミュニケーションを生みだすよう取り組むことが必要です。 アウトソーシングを成功させるには、新しいビジネス文化に適応し、さらにパートナー企業の価値観やニーズ、目標を十分に理解することが不可欠になります。こうした取り組みを通じて、どちらの企業にとっても有益なビジネス関係を実現できるのです。

September 18th, 2018

Corporate

日本の製造業は海外のエンジニアリング・ITサービスプロバイダーにアウトソーシングをすべきか?

これまで日本では、すべての事業プロセスを社内で行う企業が多くを占めていました。これは日本企業の強みである高水準の製品の提供、徹底した品質を確保するためでした。。しかし、1990年代に入ると海外に目を向ける企業も現れてきました。そこには海外へのアウトソーシングにより、企業に多くの利益をもたらす理由があったからです。海外アウトソーシングの増加をけん引している主なメリットをご紹介します。 アウトソーシングは企業の生産力の延長線 現在、多くの企業がアウトソーシングを自社の生産力の延長線と捉えています。アウトソーシングを利用することで、複雑なノン・コアスキルは海外の専門チームに任せ、核となる技術や、独自のサービスの開発に力を入れることができます。 アウトソーシングによって事業運営を合理化 アウトソーシングは様々な専門技術を備えた人材へのアクセスを可能にしてくれるだけでなく、企業の事業運営システムから無駄をなくすメリットもあります。条件の厳しい、膨大な時間を要するプロジェクトでは、アウトソーシングは時間と経費の大きな節約につながります。手間のかかるプロジェクトをアウトソーシングすることでコア・コンピタンスにより多くの時間と予算を使えるようになり、さらに高品質な製品やソリューション、サービスの開発に役立てることができます。専門外のノン・コア技術をアウトソーシングすれば経費と時間を削減でき、より効果的で効率的な事業運営が可能になります。 アウトソーシング先とリスクを共有・分担 アウトソーシング先と綿密な関係を築くことは、アイデアの概念化や問題解決に関わるリスクの共有につながります。信頼のおけるアウトソーシング先と業務を分担することで、リスクを低く抑えながら生産力を拡大させることができます。 アウトソーシング—確かな実績のソリューション 大手リサーチ企業ガートナー (Gartner, Inc.) がエンジニアリングサービス分野で実施した調査では、アウトソーシングが大幅な経費削減につながることが報告されています。新製品の開発プロセスにおけるエンジニアリングをアウトソーシングした企業のうちほぼ半数 (45%) が、製品化にかかるまでの時間「time to market」が向上したことを主な成果に挙げています。 このように、アウトソーシングは様々なメリットと可能性を秘めた選択肢です。経費削減だけでなく、信頼のおけるエンジニアリングサービス企業との協力関係を築くことによって得られるニッチな専門技術のためにも、アウトソーシングを活用する時が来ています。

September 18th, 2018

Corporate

アウトソーシングのベストプラクティス導入によるビジネスパフォーマンスの向上

September 18th, 2018